マンション

  

特徴を知ろう

白い部屋

大学入学のため4年間だけ、転勤が決まったけど子供が小学校を卒業するまでの間だけ単身赴任など一定期間だけマンションを借りるのであれば家具付きマンションを借りることをおすすめします。 家具付きマンションとは主に一人暮らし用の1ルームに家具があらかじめ設置されているものです。家具は物件によってまちまちですが最低限ベッドはあります。エアコン、冷蔵庫も設置されている物件がほとんどです。そのほかテレビなどの家電も設置されている物件もあります。 家具付きならマンスリーマンションと同じように思いますが違いもあります。家具付きマンションでは賃貸契約期間が1年、2年など一定期間の縛りがありますがマンスリーマンションは1日単位で滞在日数が設定できます。契約するにも来店が必要で連帯保証人なども必要となります。マンスリーよりも少し面倒に思われるかもしれませんが、家具付きマンションは、その住所に住民票を移すことができますので行政のサービスを受ける際に何かと便利です。マンスリーでは住民票をうつすことは原則できません。

マンスリーマンションとの違いは以上のようなものですが、家具のついていない賃貸マンションと比べるとどういったメリットがあるのでしょうか。 まず家賃ですが家具という付加価値がついているため家具付きマンションの方が1割程度高いようです。敷金、礼金に関しては一概には言えませんが低く抑えているところが多いようです。 家賃だけを考えると割高に感じますが諸費用まで含めると随分お得になります。まず家具を買い揃える必要がありません。ですので引っ越し費用も不要です。退去する際も引っ越し費用や家具の処分費用もかかりません。家具を購入したり引っ越しの手間がかからないことは時間の節約にもなります。見知らぬ土地で物を揃えるのは何かと大変です。 インターネットで検索するとたくさんの家具付きマンションが掲載されています。場所も都心から郊外物件までそろっています。