マンション

  

下見をすることで

白い部屋

賃貸物件を借りるときに大事なポイントは部屋の下見です。ネットだけでは間取り図や簡単な写真しかわかりませが、下見をして実際に見れば住みやすさや暮らしやすさをチェックできます。 入居人がいると出来ない場合が多いですが、空き室の状態なら予約をすればすぐに下見をすることができます。下見をしたからといって必ず借りなければならないわけではないので、遠慮しないでどんどんすべきです。何件も下見をすれば、それだけ良い賃貸物件に巡り会える確率が高くなります。 また、下見をしていい部屋があってキープしておきたいなら、入居申込みをしておくことです。入居申込みも正式な賃貸契約とは違うので、あとでキャンセルしても違約金を取られることはないです。

下見の時に持って行くと便利なものに、間取り図、メジャー、ビー玉、コンパス、カメラがあります。そのぐらいの持ち物を持っていけば、部屋の広さや収納の広さ、窓の方角、部屋の傾き具合などが分かります。 具体的なチェック箇所には、シャワーの水圧、コンセント、洗濯機置き場、収納の広さ、眺望、日当たり、騒音などがあります。また、共有部分のチェックも大事です。蛍光灯が切れていたり、ポスト周辺が散らかっていたりする賃貸は管理不足の可能性があります。 また、周辺環境のチェックも重要です。買物のしやすさ、駅までの道順の確認、近所に騒音を発生するような施設はないかなどは確認すべきです。地域の犯罪発生率などはネットで調べることができます。