マンション

  

どのようなものか

白い部屋

別荘とは本来の家とは別に他の場所に避暑や避寒、あるいは休養を求めて条件の良い土地や温泉地を求めて移動し生活をするための一戸建ての住宅を指します。 集合住宅の場合はリゾートマンションと呼ばれることもあります。 古くは天皇や貴族が郊外において風景が良い場所や環境の良い場所に離宮、あるいは寺院などを設ける場合もあったとされます。 今から2000年前の古代ローマ帝国の時代には、シチリアの街はずれに豪華な貴族の別荘が建てられていたとされ現在では世界遺産にも登録されています。 我国では軽井沢や那須、清里、熱海などが良く知られていて、関西では兵庫県の六甲山が有名です。 1980年代の後半から1990年代始めにかけてバブル景気となり、投資や投機の対象になった時期もありました。

別荘は本宅から離れたところへ出かけることになり、車を利用するとか交通機関を利用するにも荷物と共に移動しなければならないので時間や費用も多くかかります。 年齢を重ねると若いころのようには行かず色々と機能的にも変化してきます。 一時的に利用するということで管理も必要となり、場合によっては管理料を支払って管理してもらう形態も出て来ています。 たとえ住んでいなくとも租税公課が課せられ、所在する市町村から住民税の均等割りも課税されることになっています。 人に貸したり、自らある時期を境にして本宅を売却してそこに移り住むということも行われています。 しかし場所的に野生の動物が出たりして被害を蒙ったり、ゴミ処理問題もあったり交通の便が良くないなどの問題もあり、生活するには難しい面もあります。 最近は別荘の所有者同士がこれを交換してロングステイを楽しむという方法も取られるようになって来ています。